女の人

口コミから確認!小顔矯正で満足のいくサロン探し

脱毛を考える

レーザー

昔より安価に、通いやすく

私は生まれつきとても毛深く、中学校に入った頃からはお風呂で、父親のT字カミソリで自己処理をしていました。不慣れな手つきでやるものだからしょっちゅう切り傷を作っていたし、肌が荒れてしまったりもしました。毛先が丸まっているのを掘り出すのが癖になったりも。でもその頃はレーザー脱毛と言うものはなく、あってもニードル式と言う痛くて高い脱毛法しかなかったように思います。学生にはとても出せる額ではありませんでした。社会人になってからようやく、レーザー脱毛と言うものがあると知りましたが、それでもまだ当時は値段が高く、決断する勇気はないまま自己処理を続けていました。その頃にはなれてけがなどはしなくなっていたものの、毛深いがゆえにほぼ毎日処理しないといけなかったのでやはり面倒でした。

レーザー脱毛との出会い

そんな私がようやくレーザー脱毛をしようと決心できたのは今から6年前ぐらい。次々と安価なお店が出来て、やっと現実的に検討できるようになったのです。2年間通い放題で20万円以下ぐらいのコースを契約しました。最初こそ痛くて仕方がなかったものの、回を重ねると毛が薄くなるにつれて痛みもなくなり、施術中は完全に熟睡してしまうこともあるほどでした。その後結婚出産を経験しましたが、結婚式でデコルテの開いたドレスを着るときにも、お産の際にも、レーザー脱毛をしていてよかったなと思いました。妊婦の多くの人が、妊娠前にレーザー脱毛をやっておけばよかったと言っています。お産の際に恥ずかしくないのと、子どもが出来たらゆっくりお風呂に入ってる場合でもないので、自己処理をする暇もなくなってしまうからです。現在私は毛が一本もないわけではありませんが、剃る必要はない程度の薄さを保っています。腋を月に1度剃れば大丈夫、なぐらいなので、毎日剃っていたのを思うと本当に楽になりました。